過密なシステムエンジニア仕事の体力の心配

技術力さえあれば、システムエンジニアとして開発に貢献できる。
しかし体力面で多少の不安が残る。過密スケジュールで開発を行うとなると、体力勝負となる。
若いうちは、多少無理をしても十分に耐えられる体力があるが、定年近くの年齢ともなると精神的には元気であっても、体がついてこない。
定年まで働けるかどうかが不安なシステムエンジニアも、体力面での心配が大きい。
現実に、体力に限界を感じて転職するエンジニアたちもいる。

対策としては、キャリアアップで体への負担を減らす手段がある。
プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーといった役割にステップアップすると、比較的体への負担は小さい。
ただし、高いスキルを必要とし精神的な負担が大きくなる。
あるいは、開発の過密スケジュールに対応できる体作りを心掛ける方法がある。
きちんとトレーニングで体を鍛えていれば、たとえ高齢になっても仕事はやり遂げられる。
年齢を重ねると、どうしても運動不足に陥りやすい。
体を鍛える習慣を身につけると、無理なく体力が身につく。

日頃から体力トレーニングを欠かさないエンジニアは、苛酷な開発環境においても実力を発揮できている。
また体力に余裕があれば、精神的にも安定する。
運動はストレス解消にも効果があるため、システムエンジニアにとってメリットが大きい。
こうした体力トレーニングの必要は、中高年の技術者のみならず若手エンジニアにも同様である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です