システムエンジニアは定年まで働ける仕事

日本には、若いうちにしかできない仕事も多々ある。スポーツはその代表だと言える。
IT業界も例外ではない。年齢が高くなれば、他の分野に転職しなければならない仕事も多くある。
しかし、システムエンジニアの仕事はそうではない。
システムエンジニアは、基本的にはデスクワークになる。
そのため、多少体力が衰えたとしても現役を続けていくことができるのだ。
一般の会社員と同じように、しっかりと定年まで働き続けることができる点がメリットである。
また、システムエンジニアは長く働き続けていると、管理職ポストに就くことも可能だ。
一般の会社でいう課長級の待遇を受けられるので、高齢になってから薄給に喘ぐ必要もない。

しかし、もちろん何の努力もなしにそうしたメリットを享受することはできないので注意である。
情報セキュリティアドミニストレータ試験など、管理職ポストに就く人材が取得しておくべき資格はいくつかあるので、そういったものを取っておくことは必須になる。
この辺りになると、非常にレベルの高い試験が多くなる。
年をとってから苦労をしたくないのであれば、若いうちから明確なキャリアパスを描いておく必要があるわけだ。
20代や30代でどれだけ将来設計を組み立てて、それに見合った努力ができたかで大勢は決する。
40代から50代の待遇を良くしたいなら、若いうちから準備をすることが大切になるのだ。
最終的には、現場でのエンジニアリングよりも、コンサルティング業務が多くなるケースも増えてくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です