システムエンジニアの定年は何歳?

システムエンジニアの定年は、通常の会社員と同じである。
会社によって定年は違っているが、主に65歳前後のところが多い。
IT業界は、現在はまだ平均年齢も低いのだが、これからはその平均年齢も上がっていくことが予想されている。
少子化で後進が育っていないので、今現場に出ているシステムエンジニアが今後も活躍をし続けるしかないわけだ。

昔は、システムエンジニアの定年は30代であると言われていたのだが、もはや現代はそういったことを信じる時代ではなくなっている。
すでに多くの会社で、30代以上でエンジニアの職を続けている人が多いからだ。
ただ、もちろん年齢を重ねていけば退職する機会が多くなるのは当然のことである。
肉体的にハードである点も大きいが、新技術が続々登場するのでそれに付いて行くことが大変になるからだ。
新しい技術について行けなくなったら、その時点で他の職業へ転職をしなければならない。

そうならないようにするためには、上流工程に携わることができるようになっておくのが一番の方法だ。
上流工程というのは、システムの企画や設計のことだ。顧客とコミュニケーションを取りながら、仕様書を作成していく仕事が代表的である。
こうした仕事なら、一般の企業でいう管理職のような待遇が得られる。
実際に新技術に対応をするのは部下が多く、年をとってからでも続けていける。
また管理職だけでなく、フリーランスという選択も増えてくる。
定年とされている30代に入ったシステムエンジニアたちには、是非参考にしてもらいたい。☆☆システムエンジニアの35歳定年説を考察☆☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です